基調講演

Created with Sketch.

基調講演

水口 哲也
エンハンス代表取締役

クリエイター・ゲームデザイナー / 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 特任教授 / シナスタジアラボ主宰 / レゾネア(株)代表 /エッジ・オブ(EDGEof)共同創業者兼CCO / Media Ambition Tokyo(MAT)理事
1965年北海道生まれ。代表作に「スペースチャンネル5」(2000)、「Rez」(2001)「ルミネス」(2004)、「Child of Eden」(2010)、RezのVR+拡張版である「Rez Infinite」(2016)、テトリスのVR+共感覚拡張版「Tetris® Effect」(2018)、音楽を光と振動で全身に拡張する「シナスタジア・スーツ」(2016)、共感覚体験装置「シナスタジアX1 – 2.44」(2019)など、共感覚的な体験の拡張を目指し、創作を続けている。
2002年文化庁メディア芸術祭特別賞、2002年Ars Electronicaインタラクティブアート部門Honorary Mention(以上、Rez)、2017年The Game Award最優秀VR賞(Rez Infinite)などを受賞。2006年米国プロデューサー協会(PGA)より「Digital 50」(世界のデジタル・イノベイター50人)の1人に選出。
”共感覚”を取り入れたアプローチで、ビデオゲーム、音楽、映像、アプリケーション設計など多岐にわたる創作活動を行っている。