メッセージ

大会委員長よりメッセージ

saito
情報処理学会インタラクションシンポジウムは、2019年で23回目の開催となります。1997年に始まったシンポジウムは、現在は、ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)研究会、グループウェアとネットワークサービス(GN)研究会、ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会、エンタテインメントコンピューティング(EC)研究会、デジタルコンテンツクリエーション(DCC)研究会の5研究会主催により開催しています。参加者も700人規模までになりました。研究発表は、招待講演、厳正なる査読を経て選ばれる登壇発表、およびデモまたはポスター展示によるインタラクティブ発表から構成されます。ここでは、「インタラクティブ」という一つのキーワードのもとに、幅広い分野からの研究成果が集まってきています。特に、インタラクティブ発表は本シンポジウムの特徴となっており、論文の紙面では表しきれない深みを知ってもらう、つまり、会場にきて研究成果を見て・触れて・ディスカッションすることに大きな意義のあるものです。当日の様子は、登壇発表、インタラクティブ発表の概要説明、表彰式などについてはネット配信しますので、残念ながら参加できなかった方はこちらもご活用ください。

インタラクション2019の開催にあたって、会場の学術総合センター/一橋講堂をはじめ、多くの協賛学会並びに企業様のご協力をいただいております。この場を借りて厚く御礼申し上げます。インタラクションの実行委員・プログラム委員は、数年にわたってこの研究コミュニティに深くかかわってきているメンバーで構成されています。インタラクションの重要性を認識し、さらに魅力ある研究発表の場として発展させてきていきたいと思います。今回も、これまでの取り組みを振り返ったうえで、いくつかの新しい試みを取り入れて行く予定です。インタラクションに関心のあるより多くの研究者が、参加して、活発に議論して、新しい気づきを得られる場になることを願っております。実行委員・プログラム委員一同、力を合わせて準備しておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

インタラクション2019プログラム編成にあたって

準備中

インタラクション2019 | Interaction2019 第23回一般社団法人情報処理学会シンポジウム 2019年3月6日〜3月8日